「私」という牢獄

誰もが自由を求めて生きているのは周知の事実ですね。最も欲しているのは自由だとも言えますが、そのくせ不自由な毎日を送っていると感じている人も多いのではないでしょうか?

いや、俺はとても自由奔放に生きてるぜ!と豪語する人もいるかもしれません。けれども、真の自由とは「私」から自由になることなので、俺は自由だと言った時点で「俺」に捕まっているのです。

「私」から自由になるとはどういうことでしょうか?そして「私」に捕まっているとは?ここの部分をよ~く追求してみると、その意味がはっきりしてきます。

あなたは、「私」という存在と、その外側の世界という具合にこの世の中を見ているはずですね。ところが、あなたが何を見るにしても、何を聞くにしても、何に触れるにしても、「私」というフィルターを通しているのです。

これを投影と呼んだりもしますね。「私」というフィルターとは、「私」が自動的に知覚したものを判断したり、解釈したりと勝手な色付けをしてしまうということです。

言ってみれば、サングラスをかけているのに、それに慣れてしまってかけていることに気づかなくなっている状態と考えればいいわけです。

つまり、あなたはこの世界をあなたの「私」色にして、それをあるがままの世界の姿だとして暮らしているということです。だからあなたの世界と別の人の世界とは違っているのです。

それぞれが、固有の「私」が作った牢獄の中から抜け出せずにいるのです。そのことに気づいてさえいないかもしれません。気づいた人だけが、抜け出そうとして探求を始めるわけです。

なぜ、「私」は常にフイルターをかけてしまうのでしょうか?それは、あなたの「私」それ自体が、周囲の人々の「私」というフィルターによって、でっち上げられたものだからです。

「私」とは、幼い頃に親や周りの人たちの「私」によって反射されたものをその都度、ペタペタと張りぼてのようにして貼り付けて行くことで、作られたものだということです。

だから、「私」とは架空のものです。中身はがらんどうなのですが、中身が詰まって実体があると思い込んでしまったのです。その結果、「私」という実体のない怪物の虜になっているということです。

これがあなたの本当の不自由の正体です。「私」という牢獄から解放されたくなりましたでしょうか?その牢獄から、解放されると知覚がストレートになり、すべてがそれ自体をもっと主張してくるように感じるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。