ぜんまい仕掛けのお人形

小さな子供の時に買ってもらったロボット型の人形がありました。ぜんまいを巻くと、ジイジイという音をさせながら腕を振って歩くものです。

それはとても強そうな面構えをしていて、ブリキで出来ているためにとても頑丈そうに見えました。ひ弱で情けない自分とは違って喧嘩をしても負けそうにない感じなのですぐに気に入りました。

自分がそのロボットになったつもりで、堂々といろいろなところをジイジイ言わせながら歩かせて遊んでいたと思います。

またあるときは、そのロボットを自分の家来のようにして自分の言いなりにしてご満悦だったのでしょうね。自分の思い通りに動かすことができるので、自分が強くなったような錯覚をしていたのだと思います。

そのロボットは絶対に自分に逆らってくることはなく、安心していつも一緒に遊んでいられたのですが、あるとき何のせいか機嫌が悪くて、ロボットを見てると憎たらしくなってきたのです。

そして自分のイライラをロボットにぶつけて蹴飛ばしたのですが、そのときはじめてロボットと遊んでいて怪我をしてしまいました。足を痛めてしまったのです。

自分には決して逆らったりしない絶対服従だったはずのロボットが自分を怪我させたと思いました。そうしたら、益々そのロボットのことが嫌いになってしまいました。

それからしばらくはそのロボットで遊ぶことをしなかったと思います。時が過ぎて、ふとロボットのことを思い出して見てみると、そこにはかつての仲間のように遊んだあのロボットが待っていてくれました。

あの時何であんなにロボットのことがいやになったのか、全く分かりませんでした。穏やかな気持ちで見てみると、とても大好きだということを思い出したのです。

ロボットはいつもただそこにいてくれただけだったのですね。自分の心がささくれ立っていたときに、ロボットに怪我をさせられたと被害者の気持ちになって相手を嫌ってしまっただけだったのです。

自分の気持ちが元に戻れば、ロボットはまたいつものように自分が遊ぶ相手として最高の仲間になってくれるのです。

大人になった今でも周りには沢山のぜんまい仕掛けのお人形たちがいてくれます。彼らはただそこにいてくれるのですが、自分の気持ちをそのまま見せてもくれるのです。

そして気付いたのですが、自分自身も周りのみんなのぜんまい仕掛けのお人形の一人なんだといういうことです。その気付きは自分の心をとても落ち着かせてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。