幸せへの気づき

コースのテキストには心に染み入る珠玉の言葉が満載です。今思い出して心の中で唱えてみるだけでも心が喜ぶのが分かりますね。例えば、

「自分の本質とは想念である。」

「正しい自分でありたいか、それとも幸せな自分でありたいか、二つに一つ。」

「罪を犯すことと、罪を裁くことは同じこと。」

「攻撃しているという思いと、攻撃されているという思いも同じこと。」

そしてワークブックでは、こうした基本的な原則を踏まえたうえで、より実践的な見方でそれを身につける方法を系統立てて教えてくれるのです。

自分のためになると思って今までやってきたことのほとんどが、自分を苦悩させることだったと具体的に気付かせてくれるのです。

何百万年もかけて自分に学習させてきたことをきれいさっぱり手放して、全く逆のように自分には思える真実を新たに学ばせようとすることは、誰にとっても簡単ではないでしょう。

でもでも、心のどこかでそれを大喜びしている部分があるというのも、もう隠せないのだからこのまま波に乗って行くしかないのだと思います。

その波は確実に自分の周りにいてくれる人達にもやってきているのを見て取れるし、そしてそのことがまた自分を勇気付けてくれるのでとてもありがたいのです。

自分が幸せになるためには、周りにいてくれるみんなとコースがあれば百人力だと思えるようになりましたね。自分にとって、宝はみなさんだと本当に気づきました。

少し早いですが、来年に向けてこの大きな真実へのうねりが、もっともっとリアルに感じられるようになっていくようにと願わずにはいられません。

またご一緒に、幸せへの気づきへ導かれていくことを大いに楽しみなら進めて行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。