あなたの本性とは…

あなたは、あなたという存在について誰かに説明しようとするとき、あなたが所有しているものや、あなたが所属しているもの、つまりあなた自身ではないものを省いてあなた自身をどう説明するでしょうか?

あなたが所有しているものとは、あなたの財産やあなたの保持しているあらゆる記憶、あなたの家族やあなたの趣味なども広い意味ではあなたの所有しているものですね。

あなたの性格や信念信条など、あなたの人格だって最終的にはあなたが所有しているものということになります。あなたが所属しているものとは、国籍や仕事などであって、当然それもあなた自身ではありません。

さて、そうしたものをすべて脇へ置いてみて、あなた自身を誰かに説明するならどのようになるでしょうか?このようなことを一度でも、突き詰めて考えてみたことはあるでしょうか?

もしもあるのでしたら、自分自身とは一体何かを表現することはほとんど不可能だと気づいているはずです。あなたは人類に所属しているので、人間だと言えますが、それもあなたそのものではありません。

確かにあなたには身体がありますが、その物理的な肉体ですらあなたが所有しているものに違いないのです。残るあなたの正体とは一体何なのでしょうか?

余分なものをそうやって剥ぎ取っていくと、最後には何も残らないという結果になるのです。本当に何もありません。瞑想すれば、自分が人物ではないということもはっきりしてしまいます。

人物としてのあなたは、表面的なもの、他人から見えるもの、評価されうるものでしかありません。その内奥には、あなた自身もまったく知ることのなかったあなたの本性が隠れているのです。

隠されているものとは、何も無さであり、だからこそ時間や空間からもかけ離れた何かであるのです。何も無いということは、生まれもせず死にもせず、何も無さとしてただ在るのです。

それがあなたの本質、本性なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。