超意識への道を見出す

by osho

東洋では一万年も前から――精神分析は百年の歴史もない――精神分析に似ても似つかぬ、誰一人したこともないような方法でマインドに働きかけてきたのは、驚きに値する。

彼らは全く異なる方法で試みた。彼らは決して、無意識層にかまわなかった。無意識層に注目するのは、終わりのない森に入るようなものだからだ。戻る道を見つけられなくなるだろう。

東洋は、反対方向に試みてきた。上昇して、土台のことなど忘れることだ。あなたの意識の上にも三つ階層がある。意識を活用して超意識に入りなさい。超意識を使って集団的超意識に入り、それを宇宙的意識に入るために使いなさい。秘訣は、この三つの意識に入る瞬間に、多くの光を得る。カビールはこれを、「幾千もの太陽が突然昇ったよう」と表現した。光があまりに強いので、無意識の抱えるものはすべて燃えてしまう。無意識層の闇は、消滅してしまう。

もし長い道のりを行きたいなら、無意識を掘り下げなさい。道は長く、ゴールに至ることもない――誰も至ったことはあるまい。

だが二番目の、存在のより意識的な領域に入っていくなら、事はとてもシンプルだ。それこそ私が教えてきたものだ。

瞑想はあなたを、より意識的な領域に連れて行く。あなたの全存在が目覚めたとき、そのまさに臨在が幾千もの生で溜め込んできた闇を消し去る。

単純な事実だ。部屋が暗いなら、闇と戦うのをやめて明かりを持ち込みなさい。たった一本のろうそくで闇は消え去るだろう。もし闇と争い闘い始めたら、複雑骨折で勝利すらおぼつかない。

最も簡単で知的な方法は、超意識への道を見出すことだ。それはより高いドアを開く鍵を、あなたに与えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。