我に帰る その2

今日朝目が覚めたときにとてもいやな夢を見たなと分かりました。それは、何かとんでもなく恐ろしいケダモノのようなものに追いかけられている夢です。

その夢の中で、どのように逃げたら自分は安全なのかということを真剣に考えながら、逃げ惑っているという夢なのです。

夢から醒めてその内容を思い返しているときに、とにかく冷静さを失っていたなあと言う思いがふつふつと涌いてきたのです。

あの時は、夢の中のこととは言え、1ミリたりとも冷静になることを思い出さなかったなと。我に帰るという精神状態にはなれなかったとはっきり分かるのです。

そして実は、夢の中ではもう100%の確立でそのような状態になるのです。決して、夢のなかで我に帰ることができずにいるのです。

このことがはっきりしているので、自分としては夢の中で何とかしてこの現実のように我に帰るということをさせたいと強く願っているのです。

でも未だにそれを実現できたことがありません。そのことを思うと、もしかしたら死んだ後でさえも、夢と同じように何かに乗っ取られたようになって、我を忘れてしまうのではないかと想像ができます。

だとしたら、我に戻っていることができる、この現実の世界だけが頼りだということになってしまいます。きっと、そうなのだろうなと最近分かるようになってきました。

だから、たとえ死んだとしても何の解決にもならないということなのでしょう。この世界で、この現実を生きているとしても、我を忘れて日々を送っている人が沢山います。

是非、一度立ち止まって下さい。そして、我に帰るということを経験して欲しいのです。しっかりと、立ち止まることができれば、それはそれほど難しいことではありません。

我に帰ることさえできれば、その後はどうにでもできるのです。いろいろなことのからくりが判明してくるはずです。そして、何も解決しなくてもいいのだということさえ気づくことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。